異様にリアル

今日は、ブリーゼブリーゼで、『燕のいる駅』を観る。
ほんわかしたストーリーかと思っていたら、
世界の終わりを描いている話だった。ちょっとびっくり。

とある駅で、列車を待つ人たちと、駅員さんたち。
いきなり連絡もなく、列車が来なくなり、途方に暮れている。
そこは、「日本村」と言われる日本人ばかりが住む集落で、
そこの住人たちはほとんど、さっきまで来ていた列車に乗って、
この集落から出ていったので、街には人がほとんどいない。
いわゆる、ゴーストタウンになっていた。


最後に来るはずの列車に乗って、この集落を後にしようとしてたけど、
その最後に来るはずの列車がこなくて、取り残される人を描いてる。
駅員さんが2人、売店の女性が1人、そしてお客さんが3人。
最初は、のんびりして、ツバメの巣なんかを気にしたりもしていたのに、
列車に関する連絡は全然ないし、空には不気味な雲が浮かんでいて、
その雲が発生したら、世界が終わるんだ、なんていう情報も入ってくる。
街は相変わらずのゴーストタウンで、不安はどんどん増してくる。

“世界が終わる”だなんていうと、
SF的な物語や、ハリウッドみたいなドンパチを想像するんだけど、
きっとそれは物語であって、きっと私達みたいな平凡な人たちは、
いい天気で、情報もなく、知らない間に世界が終わるのかもしれない。
そんな1日だったとしても、人間は目の前のことに一生懸命で、
ツバメの心配をしたり、カレーパンの話をしたり、
好きな人と一緒にいるだけで楽しい、なんていう普通の日なのだ。

世界が終わるとしたら、きっとこんなふうに終わっていくのかもしれない。
ゴーストタウンも、今となっては物語でもなく、身近に感じる。
なんだか、ある意味異様にリアルで、そしてすごく切ない物語だった。
私があの場所にいたら、一体どうするんだろう。
世界が終わるかもしれないという不安の中で、一刻一刻を過ごせるかな。
・・・きっと、考えるのも嫌になって、ふて寝しそうだけど( ̄ー ̄)ニヤリッ
考えるだけで、なんだかすごく怖くなるね。
たぶん、震災や原発事故とかがあったから、
こういう情景が、物語の中だけじゃなくなったからかもしれない。
だけど、一人じゃなくて、好きな人がいたら、それだけで救われるのかな。

芝居を見終わった後、カレーがすごく食べたくなった。
主人公がカレー星人で、毎日カレーパンを食べるというエピソードがあった。
主人公と同じようなカレー星人の私としては、カレーが食べたくなるよね!
てことで、帰り道に、ピッコロカレーに行って、チキンカレーライスを食べた。
うーむ、ピッコロのカレーも、欧風カレーで美味しいんだよね~。
しかも、ミニサイズってのがあって、ちょうどいいサイズなんだよ、これが。
ちょうどいいサイズなのに、お得という、めっちゃいいメニューなんだわ。
食べたかったカレーも食べたし、舞台も面白かったし、いい1日だったわ。

あ、そうそう。
『燕のいる駅』で、ハンバートハンバートの曲がガッツリ使われた。
舞台の最初は「待ち合わせ」だったし、中盤で「日が落ちるまで」が流れて、
ラストは「さようなら君の街」が使われてた。
確かに、なんとなくハンバートハンバートって、終末感漂う歌も多い気がする。
めっちゃピッタリあってて、このために作られたのかと思うほどだった。
ハンバートハンバートファンとしては、かなり嬉しい使われかただったなぁ。

Share
Category: Play — charlie 2012.6.14 23:00

  • Instagram
  • Tumblr

      https://soulofsouls.tumblr.com/post/643995866350387200https://soulofsouls.tumblr.com/post/643906563437969408https://soulofsouls.tumblr.com/post/643873143862214656https://soulofsouls.tumblr.com/post/643813169412898816https://soulofsouls.tumblr.com/post/643792614685081600https://soulofsouls.tumblr.com/post/643723384559157248

  • Flickr

    あいかわらず、カッコイイ正面だ。祝!芸術監督就任!これからいっぱいきてくれるかなー。いま、満開なのは大きいツツジ!白に、濃いピンク、淡いピンク。ハチも大忙し。毎年恒例の天神さーん。真っ赤。霧島ツツジはもうそろそろ終わりかなー。今さらだけど、関帝廟の門!めっちゃいい天気やったから、青空に映えるわー。シープリンセスだって!ビルみてぇ!海鮮おこげ!