本心がわからない

青年団『月の岬』を観に行った。
青年団は、もちろん知ってる。平田オリザだもんね。
だけど、実は観に来たことがなかった。
『月の岬』も、なんとなく知ってた。松田正隆だよね。
結構有名な作品なので、気にはなってたけど観たことはなかった。
時空劇場は結構好きな劇団だったし、よく大学時代に観に行っていたから、
『月の岬』を”青年団”として再演する、というのを知って、
すぐにチケットを取ったのだった。これはいい機会だと思ったのね。


劇場に行ってみると、受付にはオリザさんが!おお、オリザさんだ!
お客さんもすごく年齢層が高い・・・やっぱ、青年団だからなのかねー。
最近芝居に行くと、一番前が開いてたら、普通に一番前に座ったりする。
だって、せっかく来たし、前に人がいて見にくいってのがもったいないのよ。
舞台は結構ガッツリ組まれたキレイなセットだったんだけど、
一番前の席でも、舞台との距離があったので、見やすそうだったからね。
案の定、すごく良く舞台が見えて、めっちゃ楽しめたわ( ̄ー ̄)ニヤリッ

家族のなかでの自分の役割って、何となくあるんだと思う。
そういう”立ち位置”って、意外に重要なんだろうな。存在意義みたいで。
でも、そういう”立ち位置”って、年とともに変わっていくんだよね。
両親がなくなってから、ずっと、弟妹の面倒を見てきた長女にとって、
その”立ち位置”がなくなっていくような感覚は、どういう感覚なんだろう。
一般的な”親離れ””子離れ”という感覚とはまた違うように見えた。

今まで自分が必要とされてきた場所に、ずっといつづけたいのか、
それとも、何かを壊してまでどこかへいきたいのか・・・本心がわからない。
この長女が、最後にふとみせた寂しい立ち姿が、すごく印象的だった。
昔の恋人があきらめられずにすがりついてくる、
なんとも言えない”魔性の女”っぷりも、なんかすごくドキドキした。
うーん、内田淳子さんは、やっぱりうまいなぁ~好きだわ~。
ふと消えたとしても、なんとなくそれがありえそうな”儚さ”が、よかった。

いろんなしがらみや、一方的な思いや、閉鎖的なややこしさなんかがあって、
最後まで、何かがちゃんと解決するような終わり方でもない。
全てを解決させるようなものもなく、明るい方向へ動いたカンジもしない。
複雑なもやもや感が残る芝居だったけど、それでも面白かった。
考えてみたら、日常ってそうなのかもしれない。
全ての問題が一気に片付くこともあるだろうけど、
何も動かないまま、何もはっきりしないままなことだって、たくさんあるだろう。
みょうにリアルで、だけどドラマティックな環境で、夢みたいなところもあって。
すごく不思議な舞台だった。

舞台が終わってからは、そのまま実家に帰った。
お姉ちゃんたちは、先週中頃ぐらいから新しい家で生活しているらしい。
お姉ちゃんたちがきてから1年ちょっと、ご飯だの洗濯だのなんだのと、
ガラリと生活が変わったみたいだけど、ちょっと元に戻ったらしい。
晩ごはんも、お母ちゃんとお父ちゃんと3人で食べたしね。
なんか、家が静かになったなー。
明日あたり、お姉ちゃんたちの新しい家に遊びに行こうっと。

Share
Category: Play — charlie 2012.6.23 21:30

  • Instagram
  • Tumblr

      http://soulofsouls.tumblr.com/post/173891535001http://soulofsouls.tumblr.com/post/173823859716http://soulofsouls.tumblr.com/post/173822489851http://soulofsouls.tumblr.com/post/173822414266http://soulofsouls.tumblr.com/post/173815574766http://soulofsouls.tumblr.com/post/173796305046

  • Flickr

    あいかわらず、カッコイイ正面だ。祝!芸術監督就任!これからいっぱいきてくれるかなー。いま、満開なのは大きいツツジ!白に、濃いピンク、淡いピンク。ハチも大忙し。毎年恒例の天神さーん。真っ赤。霧島ツツジはもうそろそろ終わりかなー。今さらだけど、関帝廟の門!めっちゃいい天気やったから、青空に映えるわー。シープリンセスだって!ビルみてぇ!海鮮おこげ!